薄毛の原因にはどのようなものがあるのか

subpage01

薄毛は男性、女性を問わず起こる症状であり、頭髪の量が減ることで地肌が見える状態のことを指します。


ケースとしては、本数は変わらないものの毛が細くなる場合と、抜け落ちて本数そのものが減ってしまう場合の2つがあります。
通常、髪に関しては、本数を平均で約10万本とした場合に、1日に50本から100本は自然に脱毛していると考えられており、150本以上の状態が続くようであれば、異常脱毛として判断されることになります。



薄毛は男性によく見られる症状ですが、原因としては4つが知られており、まず、男性ホルモン説があります。
このケースは遺伝的に男性ホルモンに影響される感受性を持つ人にみられ、男性ホルモンの影響で、毛乳頭細胞の分裂が抑えられることが原因とされています。

次に血液循環不良説があります。
髪の毛は毛乳頭にある毛細血管から栄養を補給されて成長しますが、血流が悪くなると成長が鈍り、髪の毛は抜けやすくなります。

他にも、皮脂が異常に多く分泌されることで毛穴が詰まり、皮膚に炎症が起きることで起こる脂漏説、成長などにより頭皮が突っぱって頭蓋骨と頭皮の間の血管を圧迫することにより、血流が悪くなって毛乳頭細胞の活動が低下することで起こる頭皮緊張説があります。
薄毛の原因は、4つの内容が単独の場合もありますが、複数が原因となるケースもあり、不摂生なども影響を与えているとされています。



薄毛は女性にも見られますが、ここでの原因は男性とは異なり、多くは、頭皮の疾患によって起こっています。

例えば、フケによる悪玉菌の繁殖やシャンプーやトリートメント、パーマなどによる頭皮のトラブルが該当します。他にも、出産後及び更年期障害等によるホルモンバランスの変化や、加齢現象、ストレスなども薄毛の原因とされています。